HOME>沖縄の道路交通事情

沖縄の道路交通事情

レンタカー15社一括比較 レンタカーの予約、意外と損していませんか?同じ車でも料金が違うのをご存知でしたか?

運転するときに気をつけることは?

滑りやすい!

沖縄の道路のアスファルトは使用している石が石灰石のため、路面が乾燥していても滑りやすいです。特に雨の日は非常に滑りやすいので発進するときはゆっくりアクセルを踏まないとタイヤが空回りします。また、停車時は余裕を持ってブレーキをかけましょう。急ブレーキをかけると路面が滑りやすいため、ABSが速く作動するのですぐには止まらず、前の車に追突する恐れがあります。車間距離をとり、安全運転を心がけましょう。ちなみに、高速道路は本土の石を使用しているので滑りにくいです。

渋滞がひどい

移動手段は自家用車がメイン

沖縄の交通手段は自家用車がメイン。なぜなら沖縄は公共交通機関が整備されていないし利用する人も少ないので家庭に免許を持った人数分の車やバイクを所有しています。皆が通勤通学で車を使うから渋滞の原因になるんです。

渋滞は全国ワースト5に入るほどで、特に本島では那覇市、浦添市、宜野湾市、北谷町、沖縄市などの国道58号線や国道330号線では朝の通勤通学時間帯と夕方の帰宅時間帯は渋滞します。雨が降るとさらに渋滞しますので時間に余裕を持った観光プランをたてることをおすすめします。
沖縄は車が少ないと思っているあなたは要注意!ですよ。

高速道路はETC車が絶対有利!

沖縄はETC車の利用率がまだまだ低いです。特に通勤帰宅時間帯の出口料金所では一般車が清算のために混雑・渋滞しています。一方、ETCレーンはガラガラの状態です。レンタカーを借りるときは必ずETC車にしてETCカードを持って行きましょう。出口の渋滞で10分から30分も待たされるのは時間がもったいないです。

運転マナーは車よりバイクが悪い!

沖縄は他府県と比べ車の運転マナーはいい方です。しかし、マナーの悪いドライバー&ライダーもいます。

特に注意しないといけないのが

バイクの急な追い越しとすり抜け!

渋滞している道路を猛スピードですり抜けるバイクが非常に多いです。自分の車の両サイドから抜いて行くので接触や車線変更時は後方をミラーと目視で確認した方がいいです。車とバイクの事故をよく見ますので要注意です。

方向指示器

めんどくさいのか方向指示器を出さないドライバーが多いです。急に車線変更してくることもあるので「車線変更するだろう運転」を心がけましょう。

わき道から急に...

こちらが優先道路を走行中わき道から接近した距離にもかかわらず、飛び出してくることがよくあります。しかも飛び出した後ゆっくり走る車が多く追突しそうになります。

合流注意

沖縄で運転して一番危ないと思ったことが、合流地点で優先道路を走行中、ゆっくりと合流する車が多いことです。沖縄のドライバーは控えめなのか合流が下手です。

車の速度が遅い!

沖縄で運転すると車の流れが遅くイライラする人も少なくはないはずです。田舎へ行けば行くほどさらに遅い車と遭遇します。制限速度以下や、高速道路の追い越し車線をひたすら制限速度以下で運転をする人も少なくありません。

バスレーン

バスレーン朝夕の渋滞が目立つエリア(那覇市、国際通り、浦添市、宜野湾市)の国道にバスレーンがあります。時間帯は場所にもよりますが、朝は7:00から9:30まで夕方は17:30から19:30です。バスの運行を妨げないのはもちろんですが、反則金や点数も引かれますので注意!

迷いやすい

道路標識があまり整備されていないためか、目的地の近くまではカーナビで行けても目的地付近で迷ってしまうことが多いようです。事前に地図を調べておくとよいです。